バンコクのグルメ・おすすめレストラン情報 | バングルBANG-GURU - ログイン
以下を利用してログイン

ここから先に進むとバングルユーザー利用規約、個人情報保護方針、口コミガイドラインに承認いただいたことになります。

メールを利用してログイン

バンコクのグルメ・おすすめレストラン情報 | バングル BANG-GURU - 会員登録
以下を利用してログイン

ここから先に進むとバングルユーザー利用規約、個人情報保護方針、口コミガイドラインに承認いただいたことになります。

メールを利用して会員登録

特集

特集

バンコク一のオフィス街。シーロムおすすめランチ10軒。

バンコクNo.1のランチ激戦区シーロムで、美味しいランチ10軒を一挙ご紹介!!


shop なにわ串道 はなび屋

250種以上の豊富なメニューが人気

<250種以上の豊富なメニューが人気>


タニヤ通りの入り口「タニヤプラザ」
2階にて2014年にオープンし、幅広い層から絶大なる人気を誇るこちらの「はなび屋」
お店のモットーである「ほんまに安くて、うまいもんを」というスローガン通り、その安定したクオリティとお手頃価格が好評だ。
焼き鳥、串カツなどの看板商品を中心に、フードメニューだけで計250種類以上のラインナップ。 店内は昭和レトロを彷彿させる下町情緒溢れる内装になっており、日本人のみならずタイ人のサラリーマン、OLで昼夜問わず賑わっている。
タニヤ通り入ってすぐのタニヤプラザの中にあるので、アクセスも抜群。


199Bポッキリ!!「充実のランチメニュー」






毎日11:30-14:00(13:45ラストオーダー)までのランチタイムは特におすすめ。
15種類以上のセットメニューから選ぶことが出来る上、ご飯大盛り、緑茶は無料。
ほぼ全てのランチセットがVAT、サービス料込みの199Bポッキリなので、お財布にも優しい。
※写真は左からチキン南蛮セット、さんま塩焼きセット、トンカツセット。
その他にもホッケ塩焼きセットや豚汁セット等、ホッと心温まるメニューを多数取り揃えている。


追加で頼める豊富な小鉢類






ランチセットにもう一品、そんな時に嬉しいのが豊富な小鉢の数々。
お勧めは(※写真左より)とろろ35B、じゃこおろし30B、卵焼き20B。
その他にも日本人に馴染みのあるアイテムを中心に計20種近くの小鉢を取り揃えている。
尚、現在プロンポンにも支店があり、全店舗日本人スタッフが常駐している。


店舗詳細へ
shop 横濱家系ラーメン 内田家


2013年、タニヤ通りのど真ん中に突如オープンした「内田家」
多数のラーメン店がひしめくここバンコクの中でも、ここまで本格的な豚骨ラーメンを提供するお店はその他にどれ程あるだろうか。
タニヤ通りの中心というアクセスの良さは勿論、11:00-夜2:00まで休憩なしの通し営業につき使い勝手も抜群。
周辺のオフィスワーカー、観光客、〆のラーメンを求める飲み帰りのサラリーマン、昼夜問わず客足は絶えない。 去年末、プロンポンにも支店をオープンした。



一番人気の「内田家ラーメン」

<一番人気の「内田家ラーメン」>


一番人気は横浜家系ラーメンをモチーフとした内田家の看板メニュー「内田家ラーメン」
豚の背骨とげん骨を48時間以上かけ丁寧に煮込んだ豚骨スープは、濃厚なコクを持ちながら豚骨特有の臭みを感じさせない野生的かつ上品な味わい。
家系ラーメンの肝となる鶏油は日本人職人が直接市場で厳選し、毎朝時間をかけて仕込む為、香りが際立つ。
スープが絶妙に絡む自慢の特製中太ストレート麺も人気の秘密。
バランス感を取りながらも一つ一つが見事に調和した至高の一杯だ。


内田家を食わずして、バンコクの豚骨ラーメンを語るべからず






看板商品の「内田家ラーメン」と共に創業時より人気を競い合う「九州豚骨ラーメン」は豚骨ラーメンの本場、九州、博多のラーメンを再現したお勧めの一杯。
内田家ラーメンとはまた違った豚骨ラーメンの楽しさを味わえる。
1日20食限定のつけ麺もリピーター続出中。サイドメニューも充実しているので、がっつりランチにも良し、仕事帰りの一杯にも良し。
ラーメン激戦区、ここバンコクでも際立って高いクオリティを維持し続ける豚骨ラーメンの名店である。


店舗詳細へ
shop 牛角 タニヤ店


「日本人に最も有名な焼肉店TOP5」を挙げた時、必ずランクインするであろう「牛角」
東南アジアでも幅広く店舗展開しており、ここタイでも在住日本人のみならず、タイ人にも人気を博している。
シーロム通りからタニヤ通りに入ってすぐ右手に位置する「牛角タニヤ店」は、 仕事帰りのビジネスマンで夜は賑わい、今年頭からじわじわと周知され始めているお得なランチセットを求め、 昼時には多くのタイ人オフィスワーカーが押し寄せる。



和牛牛角セット280B

<和牛牛角セット280B>


一番人気は「和牛牛角セット」牛角自慢の和牛を贅沢に使用したお得なセットだ。
昼から肉汁ジューシーな和牛を炭火で頂く幸せ。堪らない。


コスパの良さはシーロムランチNo.1か?






写真左はバングル編集部でもリピーター続出の「焼肉屋さんの特製和牛ハンバーグセット」
甘辛いデミグラスソースと半熟卵が混じり合い、ふっくらとしたハンバーグに絡みつく。
そしてなんと驚きの150Bという値段設定。
全てのセット(※一部を除く)にライス、味噌汁、サラダ、小鉢がつき、ライスはお替り無料。
懐の寒い時でも美味しいランチをお腹一杯食べたい時に大変重宝する。
タイ人OLに大人気の写真中央「海鮮豆腐チゲセット」と写真右のビビンバセット。
食後にはフルーツとコーヒー付き。 コスパ最強の牛角ランチ、益々リピーターが続出していくことだろう。


店舗詳細へ
shop かつ真

かつ真


お店の外観

<お店の外観>


スリウォン通り、タワナホテル向かいのソイ・タンタワンを入りすぐ左手あるこちら「かつ真」
毎日ひっきりなしに客が訪れ、日本人のみならずタイ人にも高い評価を得ている人気の一軒だ。
一人でも気軽に立ち寄れるよう1階はカウンター席、2階はテーブル席、3階は座敷となっており、とんかつ専門店としてはバンコクでも多くの席数を誇る同店ではあるのだが、昼時ともなれば入れ替わり立ち替わり、満席状態が続く。
とんかつは勿論、各種揚げ物メニューを取り揃え、気軽に楽しめる居酒屋メニューも豊富に取り揃えていることから夜は仕事帰りのビジネスマンで賑わっており、アルコールメニューも充実している。


愚直に、丁寧に、忠実に。






かつ真で提供される一つ一つの品々。
人種問わず人気の秘密は、そのどれもが、リーズナブルかつクオリティが高いことであろう。
丁寧に基本に忠実に、職人たちによって揚げられるとんかつ。
筆者はとんかつを作った経験は無い。よって美味しいとんかつの作り方は判らないが、かつ真のとんかつから感じるものは派手さや目新しさはなくとも何度でも足を運びたくなるような親しみやすさ。それでいて風格さえ感じる安定感。定食の白米や味噌汁に至るまで無駄がない。
この先も沢山の顧客に愛され続ける名店として存在し続けるのであろう。



おろしポン酢かつ定食

<おろしポン酢かつ定食>


バングル編集部イチオシのセット「おろしポン酢かつ定食」240B
タイ人記者曰く「おろしをかつの半分にまとめ、ポン酢で頂き、残り半分をソースで食べれば、二度美味しい」のだとか。


店舗詳細へ
shop ラーメンハウス 桃太郎


仕事帰りにスポーツ新聞を流し読みしながら、餃子を肴に瓶ビールをチビチビ一人嗜む。
そんな哀愁漂うサラリーマンの背中が浮かぶような昔ながらの地元の中華料理屋。
そんな店がタニヤにある。 ここ「ラーメンハウス桃太郎」だ。
ラーメンハウス、と謳ってはいるが、ラーメン以外のメニューも豊富だ。入れ替わりも激しく、競争もし烈なこのバンコクで長年、日本人客、特に男性客を虜にしてきたその理由は何であろうか?
洒落た内装、あっと驚く料理、バンコク初のブランド、、、 この店には何一つ当て嵌らない。
しかし、ほっと一息つける場所、肩肘張らずふらっと飯を掻きこめる場所、そんな店で心身共にチャージしたい時もある。 誰にも邪魔されず、好きなものを黙って一人で食べる喜びを時に感じたくなる時もある。
無骨な店構えの中にも垣間見る奥深さ。 それがこの場所で長年、愛されてきた魅力の一つかもしれない。




野菜と肉の旨みを絶妙な厚みの皮で包み、ふっくらとしながらもパリッと香ばしい自慢の餃子。
飾り気は一切なく、基本に忠実に、そして丁寧に焼き上げた餃子。
一口毎に活力が漲るような魅惑の旨さ。
ランチに白飯と共にかき込めば午後の仕事も気合が入りそうだ。







その他にもラーメン、各種中華一品、丼モノ等々。。。 日本人に親しまれている中華メニューが多数揃っている。
ランチだけの特別セットは無いものの何時行っても安く、美味しい中華をお腹一杯食べる事が出来ると(特に)男性駐在員に大人気だ。
昼から夜まで休憩時間無しの営業につき、遅いランチにも重宝する。
勿論、仕事帰りに同僚と軽く一杯、なんてシチュエーションにもオススメ。

店舗詳細へ
shop 酒の店 本店


タニヤ通りの居酒屋と言えば「酒の店」なくして語れない。
スリウォン通りとタニヤ通りの角に店舗を構え、在タイ日本人に25年以上愛されている老舗中の老舗だ。
店主自ら毎朝仕入れる鮮度抜群の近海産鮮魚を始め、300種類以上の豊富なメニューを取り揃えている。
メニューに無いものでも店主に相談し、材料があれば作ってくれるとかくれないとか。。。
店名通りアルコールメニューも充実のラインナップ。1階席はカウンター席とテーブル席、2,3階席は個室も完備し、一人でも大人数の宴会でも使い勝手抜群。




毎日のランチメニューも元デザイナーの経歴を持つ店主自ら毎日書き下ろすこだわりぶり。


その日のお勧めがギュッと詰まったランチメニュー






今やランチタイムの名物になりつつある「鯖ご飯」180B(※写真左)
わさびと薬味を併せ、さっと醤油をかけて食べれば病みつきになること間違いなし。
その他にも「鳥南蛮定食」200B(※写真中央)や福岡名物をアレンジしたこの日の限定メニュー「ごまぶり定食」300B等、 気になるメニューが盛りだくさん。小鉢やサラダ、漬物も付いて、栄養バランスも◎
しかもランチの時間はご飯お代わり無料。
25年以上に渡って在タイ日本人の心と胃袋を掴んできた名店のランチ、今後も見逃せない。


店舗詳細へ
shop Spanish on 4

Spanish On 4 (Silom soi4)


夜のお店の外観

<夜のお店の外観>


シーロムソイ4にてバンコク、スペインタパスバルの先駆けとして、オープンし今日に至るまで毎日沢山の来店客で賑わうこちらの「Spanish on 4」
スクンビットソイ11で西洋人に人気の「TAPAS CAFE」の姉妹店に当たる。
店内は1階と2階が吹き抜けになっており、広々と開放的な空気を感じながら選りすぐりのワインやタパスを楽しめる。
オーナーのGuy氏曰く、タパスバルとは日本でいう「居酒屋」という意味に当たるとのこと。
スペイン人シェフが常駐しており、スペイン各地から取り寄せた食材をもとに自慢の腕を奮う。







Silom soi4の数多くのお店が夜のみの営業の中、こちらのお店はお得なランチセットも取り揃え、昼11pmから夜1amまで(金土は2amまで)通し営業を行っている。
夜は様々なタパスメニューと共に、お値打ち価格でワインを楽しめると周辺で働く西洋人ビジネスマンに好評なのは勿論、タイ人OLにも人気だ。


20種類のタパスからお好みのアイテムをチョイス






ランチタイム(5pmまで)限定で、20種類のタパスの中から3種類(195B) 6種類(385B) 9種類(575B)をお好みで選び、自由にセットを作ることが出来る。
一人で行くのも良いが、数人で行ってシェアして食べるのがオススメ。
店内は広々としており、夜までの通し営業の為、ゆっくり静かにランチミーティングをしたい時には重宝しそうだ。
テラス席もあるのでタバコを吸われる方も、ご心配なく。
※オススメは写真の左FRIED POTATOES(フライドポテトスペイン風)中央ALBONDIGAS ESTOFADAS(ミートボールのトマトソース煮)写真右のTORTILLA ESPAÑOLA(スペイン風オムレツ)


店舗詳細へ
shop Somtum Der


シーロム通りからサラデーンソイ1に入り、200m程進んだ左手にお店を構える「Somtum Der」
外観はお洒落なカフェ風を装う本格イサーン料理レストランである。
バンコクを中心に、ニューヨーク、ホーチミン、北京、なんと東京にも海外支店を持つグローバルなお店であり、タイ東北部の郷土料理、イサーン料理店の中では世界的に最も有名店の一つと呼んでも過言ではない店舗であろう。
本店を構えるここバンコクでもタイ料理部門で多数の賞を受賞するなどし、地元タイ人にも長年愛される超人気店だ。







店内は1階と2階の2フロアに分かれており、テラス席も完備。 テラス席は陽が当たらず、扇風機もあるので心地良く過ごせる。
昼時になれば全席あっという間に満席になり、持ち帰りの客も多数訪れる。


伝統のイサーン料理をお手頃価格で。






看板商品の「ソムタム」(※写真左)はパパイヤを細切りにし唐辛子、砂糖、タイの醤油ナンプラー、お酢で味付けしたイサーン伝統のサラダ。
ヘルシーかつ栄養素の高いこのサラダはタイ人OLにも大人気で、こちら店内の7割近くは女性客の様子。
イサーン風鶏の唐揚げ、とでも言うべきだろうか「ガーイトート」(※写真中央)は、タイ料理が苦手な日本人でも安心して美味しく食べることが出来る。
「カオ二アオ(もち米)」をオーダーし、一緒に食べれば貴方も立派なイサーンフリーク。
レモングラスの芳しい香りが食欲をそそう「ムーナムトック」(※写真右)もオススメ。
日陰で風通りの良いテラス席に座り、タイならではの爽やかなランチはいかがだろうか?


店舗詳細へ